WS000010

『斧乃木 余接』(おののき よつぎ)

声優:早見沙織
年齢:10歳程度
メイン物語:偽物語、憑物語、他多数
怪異:付喪神
属性:無表情、僕っ子、童女
口癖:僕はキメ顔でそう言った、イェーイなど

人物

初登場はファーストシーズンの偽物語「つきひフェニックス」で以降はメインキャラとして物語に登場することも多くなった。

可愛らしい見た目だが、常に無表情でフランス人形のような格好をしている。

自身の身体を肥大化させる技「アンリミテッド・ルールブック」を使う。戦闘の力はそれなり高いが、偽物語で忍が大人の姿で戦った際には何もできずに完敗した。以後は忍のことを恐れている。

性格は怪異である性質上、会う人会う人によってコロコロ変わってしまう。そのため口癖もよく変わる。少し前に貝木と接触したことにより憑物語では性格が少し悪くなっていたw

憑物語以降は臥煙伊豆湖や影縫余弦の命令により、阿良々木家に人形として住むことになる。月火には動いている姿をちょくちょく目撃されている。

 

★斧乃木余接の正体は?
元々は人間の死体から作られた付喪神のような存在で斧乃木ちゃん自体が怪異でもある。

臥煙伊豆湖、忍野メメ、影縫余弦、貝木泥舟、手折正弦ら怪異専門家の手によって作られた。

余弦の式神的存在であるので余弦と行動を共にしていることが多い。斧乃木の「木」の時は貝木の「木」が由来とのこと