hana

あらすじ

花物語語り手:神原駿河

阿良々木暦、戦場ヶ原ひたぎらが卒業した直江津高等学校。神原駿河は3年生となっており、新学期がスタートする。

学校では悪魔様の噂が流れていた。噂が気になる駿河はバスケ部の友人である日傘に頼んで悪魔様に会う方法を聞く。

悪魔様の正体は、中学時代のバスケットのライバル沼地蠟花(ぬまち ろうか)だった。

沼地はすでに亡くなったおり、怪異となって登場している。駿河は左腕が猿(悪魔)の怪異に取り憑かれているが、沼地は右足が猿の物となっていた。

貝木も登場し駿河と焼き肉を食べ駿河の母親の話などをする。

駿河と沼地の因縁から、駿河自身の怪異との決別・・。

最後は暦に髪を切ってもらい、駿河は過去と決別し物語は終わる。

 

感想

一言でまとめてしまうと、微妙です。

物語自体はしっかりと単発物として完結してますし出来上がっていますが、話のクオリティ、インパクトが他の物語と比較して弱いです。

花物語がイマイチな原因としては沼地蠟花の存在も大きいかなと思います。キャラ重視の物語シリーズにおいて、神原駿河という微妙な立ち位置のキャラ一辺倒でそれを支える相手が新キャラの沼地蠟花。

他のセカンドシーズンを見ても、八九寺や羽川が主役の物語であったとしても、他の主要キャラもしっかりと機能します。

加えて、花物語では普段おちゃらけ役の多い神原が常時シリアスモードな感じなのもちょっとシンドいかなと個人的には思いました。

 
やっぱり神原は脇を添える花的なポジションだから生きると思います。
花物語は、ほとんどが駿河と沼地の因縁だったり、駿河の問題解決でしかないので・・。

しいて言えば、貝木と駿河の絡みが良かったです。扇ちゃんが男子になっていたのも気になりました。

 

駿河ファンは必見という感じですが、、、物語シリーズとしては下から数えたほが早い完成度かと思いました。

時系列的にも、内容・クオリティ含め、外伝的な扱いで十分な物語だと思いました。

 

★花物語ブルーレイ上下巻

WS000005
花物語 第一巻/するがデビル(上)(完全生産限定版)(Blu-ray Disc)

下巻はコチラから↓

花物語 第二巻/するがデビル(下)(完全生産限定版)(Blu-ray Disc)

WS000006